辞めてからの転職は焦ります!

辞めてからの転職は焦ります!

辞めてからの転職は、とにかく焦る

辞めてからの転職、みなさんはしたことがありますか?私は3度ほどあります。最初は、高校を卒業して勤めていた勤務先を辞め、専門学校へ行くために他県へ行った時です。私はどうしても満足いくまで絵の勉強をしたくて、一大決心をして専門学校に通うことに決めたのです。ですが、なけなしの貯金は全て引越しに飛んでしまい、さらに奨学金を借りて、来月には支払いが迫るという状況下で新しい仕事を探すことになりました。ですのでとにかく必死に探しました。最初に面接を受けたのはコンビニでした。以前も接客業だったので、別の仕事がしたかったのですが、もはやそんなことも言っていられませんでした。落ちてしまいましたが、その店長の知り合いが経営する居酒屋を紹介してもらい、そこで雇われることになりました。雇われたときは、心底安心したものです。2度目は、その居酒屋のスタッフを辞めた時でした。週6日での宴会スタッフというハードな仕事だったため、学校との両立が難しくなったのです。また時給も安定しなかったため、次の仕事に移る決断をしました。そして私は前回の件で学習しておらず、またもや仕事を見つける前に居酒屋の仕事を辞めてしまったのです。週6日のハードスケジュールから解放されたい一心で、そこまで頭が回らなかったのかもしれません。それからひと月ほど仕事を探し続けました。情けないことに親から少しお金を借りたりしました。早く仕事を見つけなければという焦りがすごく、しかも面接を受けては落ちていたため、ハードスケジュールから解放されたのに憔悴する一方でした。

3度目は、学校を卒業し、地元へUターンするときです。充分勉強して満足したので、地元に戻ってきたのです。今度はあのようなことはするまいと、ちゃんとお金を貯めてから仕事を辞めました。しかし地元には求人が他県に比べて圧倒的に少なく、正社員として再就職できる求人はまったくありませんでした。望む求人が見つからず、多少焦りましましたが、半月後に無事に見つかりました。蓄えもあったおかげで、以前よりは楽な気持ちで仕事を探せたと思います。3度の経験をして思ったことは、辞めてからの転職をするなら、充分に貯蓄をすること、そして希望の求人を見つけたいなら、仕事を辞める前に探すことが一番です。仕事がない状態での転職は、どうしても足元を見られてしまうため、面接に落ちたり、受かったとしても割に合わない仕事を与えられたり、給与が十分に与えられないということもあるようです。もしこれから転職を考えておられる方は、きちんと準備をしておいてください。転職先での生活が良きものとなりますように。

注目情報